ホーム > 医療関係者の方へ > 研修プログラム > 青函圏・函館総合診療医研修プログラム(日本プライマリ・ケア連合学会プログラム)

青函圏・函館総合診療医研修プログラム(日本プライマリ・ケア連合学会プログラム)

プログラム名称

青函圏・函館総合診療医研修プログラム

プログラム責任者

  • 佐々木 悟
    函館稜北病院 副院長
    住所:〒041-0853 函館市中道2丁目51番1号
    電話:0138-54-3113
    FAX:0138-32-0106(医局)
    E-mail:ikyo-314@donank.jp
    連絡担当者:医局事務

プログラム指導医

  • 堀口 信
    理事長
    リハビリテーション科 科長
  • 横倉 基
    訪問診療科 科長
  • 川口 篤也
    総合診療科 科長
  • 木田 史朗
    函館稜北病院 副院長
    内科 副科長
  • 大城 忠
    江差診療所 所長

プログラム概要

プログラムの特徴

このプログラムには、大きく6つの特徴があります。

函館稜北病院と稜北クリニックには、Common diseaseの急性期治療を扱う内科・整形外科の混合病棟、急性期からの患者様を受け入れる回復期リハビリ病棟、在宅のみとりまで行う訪問診療があります。専門にとらわれない、幅広い家庭医療研修ができます。

函館では、急性期病院と回復期リハビリとの連携、在宅での医療福祉の連携など、多彩な連携システムができています。こういった連携を通して、地域医療の中での家庭医の役割を自然に学べます。

診療所研修を行う江差診療所は、地域の中核をになう道立江差病院と連携して、慢性疾患医療、訪問診療を担っています。地域住民や自治体も加わった、地域医療再生の大きなとりくみが進んでいます。地域・コミュニティをケアする、へき地での家庭医の役割を学ぶ絶好の研修先です。

函館稜北病院はリハビリ医学会研修施設の認定をうけています。リハビリ医療は、高齢者、障害者を多くかかえる在宅医療では、必須の知識、技術であり、これを学ぶことができます。

小児科やその他の領域は、函館市内、江差町、札幌、弘前など、研修医の希望に応じて、多様な研修先が準備されています。「青函圏」という研修プログラム名は、弘前とも連携しながら、海をこえて、都道府県をこえて家庭医を育てたいという願いをこめて名づけました。

市内の研修先としては、緩和ケア病棟、開業医の在宅支援診療所もあります。在宅医療や緩和ケアについて、さらに深めたいという研修医の希望にもこたえられます。

目的

都市部および僻地での地域診断を行い地域のニーズを知り、地域の医療資源を活用し、行政や住民と連携し地域の医療・保健活動に関与し、地域で継続性のある家庭医療を実践する家庭医を養成します。

目標

以下、7つの目標を設定しています。

  • 地域が必要とする第一次医療を行う能力を身につけ実践すること
  • 患者家族が置かれている社会・経済的背景を考慮して総合的に解決していく能力を身につけること
  • チーム医療のリーダーとしてスタッフを活かして組織をまとめていく能力を身につけること
  • 継続可能な家庭医療に必要な組織作り、経営管理、スタッフ教育ができること
  • 絶えず家庭医としての能力を高め第一級の知識と技能を獲得するべく、自己研鑽ができること
  • 医療介護福祉にかんする総合的な地域ネットワーク作りの一翼を担うこと
  • 医学生や後期研修医にたいして成人教育理論に基づいた教育を行なうこと

家庭医療専門研修を行う施設

函館稜北病院

認知症のほか、多数の内科や整形外科疾患があり、困難な社会経済背景を抱える患者が入院しています。それらの患者に対しては、入院中から、退院後の在宅生活を見据えた働きかけが必要です。訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ、通所リハビリ、訪問入浴など、その患者の要求や社会経済的な背景、地域の資源などを考慮しながら、チームとして対処してまとめていく能力が身につきます。また、24時間在宅支援病院の主治医として在宅患者の治療にあたり、看護師や訪問看護師、ケアマネジャーなどとチーム医療を展開します。

稜北クリニック

都市部における一般内科の初期診療に携わります。限られた時間で医療面接を行い、検査計画を立て、臨床推論を展開し、患者との信頼関係を形成して治療にあたります。江差診療所 医療過疎地域の無床診療所です。診療所を支える多数の町民や患者家族からなる「友の会」組織に支えられた診療所です。地域診断を行い、へき地の医療要求を汲み取り、道立江差病院など現在ある地域の医療資源を活用して江差を含む南檜山地域の医療を実践しています。家庭医にとっては、身につけてきた知識や経験を活かして総合的に実践できるフィールドです。

研修ローテーションの一例です(他にも様々な組み合わせが可能です)

1年次(病棟研修を中心で外来もになう)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北 稜北
科目 内科 内科 内科 内科 内科 内科 内科
リハ
内科
リハ
内科
リハ
内科
リハ
内科
リハ
内科
リハ

「稜北」は稜北病院、「クリ」は稜北クリニック

2年次(小児科と診療所研修に入る)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設 健生 健生 健生 健生 市内 市内 江差 江差 江差 江差 江差 江差
科目 小児 小児 小児 選択 選択 選択 外来 外来 外来 外来 外来 外来

「健生」は健生病院(弘前市)、「江差」は道南勤医協江差診療所、「市内」は函館中央病院

3年次(総合は 2年間の総仕上げで 外来、在宅、入院医療に取り組む)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
施設 稜北 稜北 稜北 選択 選択 稜北 稜北
リハ
稜北
リハ
稜北
リハ
稜北
リハ
稜北
リハ
稜北
リハ
科目 外来 外来 外来 外来 外来 外来 総合 総合 総合 総合 総合 総合

研修期間

  • 3年間

後期研修医定員

  • 1年あたり 2名

プログラム内容

家庭医療専門研修

研修領域 期間 研修施設名(病院の場合は診療科名も)
家庭医療専門研修
(連続した6ヶ月以上)
6ヶ月 ■診療所  □病院
道南勤医協 江差診療所
■診療所  □病院
稜北クリニック
  • 主として家庭医療を実践している医療機関です
  • 外来における患者中心のケアを研修できます
  • 近接的なケアを研修できます
  • 継続的なケアを研修できます
  • 包括的なケアを研修できます
  • 保健や介護関連の活動を研修できます
  • 家族指向,地域指向のケアを研修できます

必修の領域別研修

研修領域 期間 研修病院名・診療科名
内科
(連続した6ヶ月以上)
12ヶ月 函館稜北病院
勤医協中央病院(総合臨床病棟)
  • 臓器別ではない総合(一般)内科または総合診療科です
  • 入院診療および外来診療を研修できます
  • 家庭医の研修に必要な範囲内で臓器別内科の研修をする場合があります
    その場合の
    診療科名:消化器内科(内視鏡検査の習得、稜北病院)
    およその期間:3ヶ月
研修領域 期間 研修病院名・診療科名
小児科
(連続した3ヶ月以上)
3ヶ月 函館中央病院 小児科
健生病院(弘前市) 小児科
道立江差病院 小児科
  • 総合的に小児領域の研修ができます
  • 入院診療および外来診療を研修できます

望ましい領域別研修

研修領域 有無,選択・必修の別
および期間
研修施設名・診療科名
一般外科 選択
1ヶ月
健生病院(弘前市)
勤医協中央病院(札幌市)
産科婦人科 選択
1ヶ月
健生病院(弘前市)
勤医協札幌病院(札幌市)
精神科/心療内科 選択
1ヶ月
藤代健生病院(弘前市)
勤医協中央病院(札幌市)
救急医学 選択
1ヶ月
健生病院(弘前市)
勤医協中央病院(札幌市)
整形外科 選択
1ヶ月
函館稜北病院
皮膚科 選択
1ヶ月
勤医協札幌病院(札幌市)
泌尿器科 選択
1ヶ月
勤医協中央病院(札幌市)
眼科 選択
1ヶ月
勤医協札幌病院(札幌市)
耳鼻咽喉科 選択
1ヶ月
勤医協中央病院(札幌市)
放射線科(診断・撮影) 選択
1ヶ月
勤医協中央病院(札幌市)
その他の選択科
緩和ケア
選択
1~2ヶ月
函館おしま病院
その他の選択科
リハビリテーション科
選択
1ヶ月以上
函館稜北病院

後期研修医の評価方法

形成的評価

・ポートフォリオ評価

日本家庭医療学会の提示するポートフォリオの項目を基本としてその作成を計画的に行ないます。
そのモニタリングを行います。

・SEA、CbD(Case-based Discussion)

研修委員会メンバーと研修医、指導医を含む上級医の参加で、1回/月の頻度で行ないます。

・360度評価

1回/6月の頻度で、上級医師以外に他職種や患者様による評価を行ないます。
定まった項目の聞き取りと自由記載により行ないます。

総括的評価

  • 全職員と友の会(当院を支える自主的な患者組織)を対象にして、3年間の振り返りの研修発表を行ないます。内容はポートフォリオの項目の中から一つを選択、また研修医の自由選択の、合わせて2つを内容としま す。
  • 日本家庭医療学会専門医の受験資格の獲得、専門医の取得

プログラムの質の向上・維持の方法

町立松前病院、健生病院(弘前市)と合同研修会をもちます。
北海道勤医協中央病院の後期研修医による定期的な研修会(二木会)に参加します。
札幌医大地域医療総合医学講座が主催するプライマリ・ケアレクチャーシリーズの勉強会に参加します。

このページの先頭へ