ホーム > 診療科・部門紹介 > 看護部門

看護部門

命に寄り添う ジェネラリストをめざします

理念・育成

道南勤医協看護部理念

  1. ひとりひとりの思いに寄り添い、生命と生活を守る看護をめざします。
  2. 仲間とともに育ちあい、継続した看護をめざします。
  3. 地域に根ざした看護をめざします。

職員の育成

 私たちは、全日本民医連綱領のもとに医療看護活動を実践しています。差別のない平等の看護実践に確信と誇りを持ち、主体的に行動できる看護師をめざしています。(「道南勤医協 看護部継続教育要綱より」)継続教育制度とともに各種委員会やケアチームによる院内学習会を多数企画し、看護の質向上に活かしています。また、院外での学会・研修会も積極的に位置づけています。

 総合的な技術を身につけるため、2年目には札幌の北海道勤医協中央病院での4週間のスキルアップ研修、3年目はに地方診療所での5日間の地域研修を位置づけています。

 

基本的な考え方

  1. 働く人々の基本的人権を守る視点に立った生命観・患者観を身につける。
  2. 患者を生活や労働の場からとらえ、生活史と疾病の関わりについて科学的に理解し、看護実践ができる。
  3. 患者の理解を深め、患者・家族との良好な人間関係の確立を目指す。
  4. 病態を科学的にとらえ、正確で安全な看護技術の修得につとめる。
  5. 民医連の職員として、医療・看護を患者との「共同の営み」として追求する。
  6. 他の職員と共同し、医療・看護が推進されていることを学び、その立場から実践できる。
  7. 地域の医療実態や患者・住民の医療要求を通し、社会保障制度のあり方等を考えることができる。
  8. 働くものの医療機関としての規則と仲間たちの連帯を深め、豊かな人間性を身につける。
  9. 目標面接を基に、生涯にわたる主体的な自己学習の継続をめざす。
現任教育体系

現任教育体系
(クリックすると大きな画像が表示されます)

院内学習企画

研修報告会

研修報告会

排泄学習会

排泄学習会

  • 腰痛になりにくい移乗動作と体操指導
  • 心電図の取り方・共通に対する看護
  • ポジショニングについて
  • 離床センサーについて
  • シリンジポンプについて
  • 口腔ケアについて
  • 排泄自立支援を目指した尿道カテーテル抜去の試みと包括的排尿ケア
  • タクティールケア学習会
  • レジリエンスとチームSTEPPS
  • 院内感性学習会
  • 安全学習会
  • 接遇学習会
  • 転倒学習会について
  • 向精神薬について
  • ポート管理について
  • BLS 演習
  • メディエーターの役割
  • 介護保険制度について
  • 地域包括ケアについて
  • S-QUE院内研修
  • 看護介護研究交流集会
  • 学術集談会

など

院外の学会等への参加

日本環境感染学会参加

日本環境感染学会参加

  • 排泄機能回復のためのケア
  • 認知症対応力向上研修会
  • 認知症患者の看護実践に必要な知識と技術研修
  • 転倒転落予防、薬剤による影響を考えて
  • FIM講習会
  • ICNJ道南ブロック研修会
  • 看護師のクリニカルラダー
  • 糖尿病シンポジウムin北海道
  • 道南創傷治癒研究会
  • 褥瘡予防とポジショニング
  • シミュレーション研修(胸苦を訴える患者への対応)
  • 切れ目ある医療・介護に焦点を当てる(多職種地域連携)
  • コミュニケーションスキル研修会
  • 口腔ケア実施セミナーin函館
  • 死の臨床研究会、年次大会
  • フィジカルアセスメント
  • 日本環境感染学会総会
  • 医療の質学会
  • 日本メディエーター協会研修会
  • 日本糖尿病学会
  • 安全フォーラム
  • 呼吸ケア研修会
  • リハビリテーションケア研究大会

 

看護活動

病棟での看護

  • 一般病棟(内科 整形) 56床 10:1看護
  • 回復期リハビリテーション病棟 48床 15:1看護  30:1補助者加算
  • 夜勤形態 両病棟3人2交代
  • 看護方式 パートナーシップ(日勤) チームナーシング 機能別
  • 脳卒中連携パス 大腿骨頸部骨折連携パス 院内パス
  • チームカンファレンス リハビリカンファレンス ケースカンファレンス 退院調整カンファレンス 転倒カンファレンス 退院前家屋訪問 退院後訪問 気になる患者さん訪問 ケアチーム会議 レクリェーション企画会議
病棟節分

病棟節分

クリスマスコンサート

クリスマスコンサート

病棟クリスマス会

病棟クリスマス会

外来看護

  • 整形疾患管理(骨粗しょう症指導 腰痛肩こり体操)
  • 内科慢性疾患管理
    (糖尿病療養指導 フットケア 患者参加型看護計画による看護外来 禁煙外来 カンファレンス 中断チェック 高齢者総合評価CGA)
  • みなし訪問看護

在宅看護

  • 訪問診療科 管理患者230人
    疾患管理 療養指導 在宅での看取り 家族ケア 在宅調整カンファレンス

保健予防活動

  • 地域での保健教室
  • 特定健診
  • 禁煙外来

労災医療

  • 振動病
  • じん肺

患者会活動

  • ひまわり会-糖尿病
  • いちょうの会-胃切後
  • 労災患者会

ボランティア懇談会

ボランティア懇談会

災害支援

北海道西南沖地震、阪神淡路大震災、東日本大震災後の被災地に多数の支援看護師を送り出してきました。

2011年3月12日函館市内避難所訪問

2011年3月12日
函館市内避難所訪問

東日本大震災震災支援第1陣

東日本大震災震災支援第1陣

委員会活動

委員会名 活動内容
看護師研修委員会 看護師教育を要綱に沿って企画運営する。学習会を企画運営する。
看護介護研究交流集会 実行委員会 年1回、法人内全事業所が研究を発表し、交流する。学習を企画運営する。
接遇委員会 接遇キャンペーンと学習研修会を企画する。啓蒙のためのニュースを発行する。
看護学生委員会 高校生看護師体験、看護学生の実習受け入れ。看護職復職支援セミナーの企画運営を行う。
看護記録委員会 記録ガイドラインの作成・見直しと、記録監査を行う。学習会を企画運営する。
ケアワーカー委員会 介護職員教育を要綱に沿って企画運営する。学習会を企画運営する。ケアチームの活動。
看護システム委員会 電子カルテの看護システムの運用を検討し、マニュアルの作成・見直しを行う。
ICT セクションの安全感染について、日常的に点検し整備及び啓蒙活動を行う。
主任研修会

主任研修会

接遇学習会

接遇学習会

吐物処理実習

吐物処理実習

多職種連携の医療

カンファレンス

カンファレンス

  • 安全感染活動
  • 褥瘡委員会活動
  • NST委員会活動
  • 転倒チーム
  • 訪問診療調整会議
  • 在宅カンファレンス
  • 糖尿病チーム
  • 緩和ケアチーム
  • 認知症ケアチーム

患者さん・地域の方々と共同した取り組み

倫理委員会 自然なみとり 暴言暴力 臨床倫理4分割 胃ろうについて など
院所利用委員会 投書箱 院内ラウンド 患者さんの声
医療懇談会 地域での講演会 健康相談会
気になる患者さん訪問 独居の方・受診中断している方・退院後の生活の確認
健康まつり ステージ企画 医療講演 出店 展示ポスター
患者会活動 いちょうの会(胃切後)ひまわり会(糖尿病) 労災患者会
気になる患者さん訪問

気になる患者さん訪問

健康まつり

健康まつり

平和を考える

毎年、広島・長崎の原水爆禁止世界大会に代表を送り出しています。命の重みを感じ、平和の大切さを学んできます。

原水爆禁止世界大会

原水爆禁止世界大会

原水爆禁止世界大会壮行会

原水爆禁止世界大会壮行会

 

総看護師長からのメッセージ

総看護師長 高橋淳子

総看護師長 高橋純子

 道南勤医協は1987年、道南地域の『働くものの医療機関』として、多くの人々の協力で設立されました。何よりも地域の人々の声を大切にし、医療は平等であるという理念のもと、「いつでも、どこでも、誰もが安心できる、よい医療と福祉」をスローガンに、医療福祉・看護介護活動を行ってきました。外来から入院、入院から在宅、在宅でのあらゆる生活ステージを通じて、「その人らしく」を基本として、患者さんの立場に立った継続した看護を実践してきました。「看護の継続」は看護部の理念でもあります。患者さんやご家族が「どうなりたいのか」を大切にし、様々な状況にある患者さんや、その方を取りまく方々の、病気だけではなく生活も含め、すべてを丸ごと受け止め、悩みながらも、なんとか解決したいと思う看護チームでありたいと思います。

 日々の看護を通して、多くの出会いがあります。そして、出会った患者さん、ご家族、地域の方々に、看護師として人として育てていただいていると実感しています。

 道南勤医協の看護部は、患者さんの「思い」から出発し、一緒に働く仲間たちと「育ち会い」、心地よいケアを「継続」していきたいと考えています。

 地域包括ケア時代、看護師に求められる役割は大きいものと認識しています。患者さんの状態に応じて療養する場所が次々と変わっていく今、看護師の仕事である「療養の世話=心地よいケア」を次のケアチームに繋いでいかなければなりません。どんなにすばらしい看護師でも一人ではケアの継続はできません。患者さんやご家族、地域の方々、共に働く仲間と一緒に、「人」を総合的に見つめることのできる、質の高いジェネラルな看護チームをめざしていきます。

看護師からのメッセージ

看護師 山口あき

看護師 山口あき

 現在保育園児の2人の娘を育てながら働いています。子育てと仕事の両立は大変ですが、稜北病院には子育てしながら働きつづけている女性職員が多くいます。

 妊娠がわかったその日から夜勤は免除され、産前休暇は出産予定日の8週前からとることができます。長女の出産後は、育児をしながらの職場復帰は不安も大きかったのですが、職場理解があるので勤務希望も相談しやすく、職場の仲間や家族に協力してもらいながら仕事を続けることができています。院内保育所があり育児の悩みもすぐに相談することができるので、安心して預けることができました。

 入職後は一般病棟で6年間勤務し、現在は外来看護師として勤務しています。外来、入院、在宅、それぞれの役割は違いますが、チーム内や多職種間でのカンファレンスが活発に行われ、よりよい医療を提供するための連携がはかられています。患者さんの立場にたったも無差別平等の医療をめざす稜北病院で働くなかで、健康と命、生活を守り支える看護の重要性を学んできました。そして病気だけでなく、患者さんを取り巻く背景や地域、社会にも目を向け、看護活動につなげていく必要性を感じています。広い視野で患者さんをみる力がつき、看護師として、一人の人間をしても成長できる職場だと思います。患者さんとの関わりに悩むこともありますが、その分やりがいを感じながら働いています。これからも、その人らしさを支える寄り添った看護を、仲間とともに、実践していきたいです。

このページの先頭へ